時を貯める


時間というものは
降り積もる雪のように
やさしく
しずかに
いつのまにか
痕跡を埋めていく。


失敗も
重なれば
経験になる

悲しみや
悔しさも
強さに変わる。

時は
貯まる。

それを
意識するのと
意識しないのとでは
降り積もるものも
断然違ってくる。

時は
降り積もる。

手のひらを
顔を
心を
その方向にむけて
逃さなければ
その恩恵に
驚かされる。

向けたら
放っておく。
それくらいでいい。

先日
2年分の時間を
寄付することが出来た。

寄付しようって
思っていたから
嬉しかった。

生きているから
役に立った。

100歳にちかい
おばあちゃんの
食事や口腔ケアを
手伝う機会が出来た。

2年ちょっとの
経験でも
出来ることがあって
驚いた。
自然とからだが
動いていた。


夫におばあちゃんは
こんな大変なことを
あなたの奥さんは
してるのよ
って語りかけた。


大変なんかじゃない。
大変なのは
本人だもの。


そんな風に
自然に思えるように
日々が降り積もってた。


色んな
悶々とした思いを
一時避難場所に
避けておくことが
習慣になったのは、
平日のお休みのお陰。


生きている!
という喜びを
満喫できる時間は
お金に変えられない。


お金あげるから
この仕事やって!
と言われるよりも、
明日お休みしていいから
この仕事やって!
って言われた方が
断然やる気が出る。
ように、
なった。


(もちろん
ベースの賃金が
あっての話だが)


今は
頑張らないように
気を付けている。


ゆとりをもてるように
意識している。


そのゆとりに
色んな事が
入り込んでくる。


その色々に
心を占拠されないよう


その余白を
大事に守っている。


時は
物質なり。
その価値を
貯めるだけの
心の余裕とは
各々の価値観なり。


生きているかぎり
降り積もる
時、は
ギフトなり。


2018年10月14日
Mahalo!!,nui!!





SLOW DOWN LIFE

あらゆるものが加速する中で 敢えて減速して生きていく。 マイペースに。丁寧に。 不定期に綴る、 減速生活のススメ。

0コメント

  • 1000 / 1000