駆り立てる春に。

河津桜が咲いて
否応なく
春がやって来た。

三寒四温というよりも
めくるめく
駆り立てるように
春がやって来る。

歳と共に
季節というのは
駆り立てるものなのか
と思わされる。

もう、春。
待っていたのに
来るとなると
突然な気がする。

待つことが
贅沢な時間のよう。

43年の歴史に
幕を下ろすデパートに
ありがとうのメッセージを
残してきた。

既に閉店した
回るレストランも、
なつかしい家族の思い出の中。

寂しさを紛れさせるかの
ような嵐がやって来る。

なんだかんだで
春が好きだ。
好んできっと
生まれた季節だから。

あわよくば
春に去りたいくらいだ。
桜の花と共に。

ふわっと
うたかたのように
あるいは
絵巻物のように
くるくる回り
移り行く歴史の
ほんのひとときを
いとおしく思う。

春の雨は
温かい。

帰宅した夫も
優しい気遣い。
スーパーで買い物を
してきてくれた。

そのときそのときを
漂ってる。

身を任せて
存在を信じて
幸せな方へ
流れていきますように。


2018年3月5日
Mahalo,nui!!

SLOW DOWN LIFE

あらゆるものが加速する中で 敢えて減速して生きていく。 マイペースに。丁寧に。 不定期に綴る、 減速生活のススメ。

0コメント

  • 1000 / 1000