ぷう

フラ、ウクレレ、朗読を嗜むHELPERちゃんです
子供や動物、新鮮な食べ物が大好き!
笑顔になれることを、日々みつけるのが生き甲斐です

記事一覧(166)

香りのおまもり

脳内をリセットするのに最近いちばん効果的だと思うのが、香り。イスラエル発の、dead sea minerals。lalineの香りに毎晩癒されています。ちょっとお高めなので、ハンドクリームをお試しであちこちに塗ってマッサージ。保湿というよりは疲労回復に効果がありそう。ショップカードには裏に素敵なコトバが。こういうのに、弱いんです。。。でも、あなたに会えてよかった!あなたを待ってた!!って思うような香りです。気分転換で疲労回復と美肌対策ができるってステキ。お酒とかタバコとかよりも自分へのご褒美になる。夜はこの香りのおかげでご機嫌さん。💕💕💕しかしながら。。複雑です。負担金の300円弱を弁当と比べられて昼夜のご飯を作ってくださいっていうのはどんなもんなのか。。しかも、洗濯もあったりする。うまくいっているケースはなるだけ自分でやろうとするし、一食分を少し多目に。。っていう頼みかたをされる程度。収入が少ないからヘルパーさんに食事を2回分頼むって。。。本来なら3000円近いコストを地域が負担してるんだよ??ふと自宅の調理にしても外食より安いからおうちでってなってることを苛立たしく思った。自身ならまだしも食事のアテだけにされるのってどうなの??ってしみじみ思う。90をこえて否応なく衰えが来ているならまだしも。。。食べることは頑張ろうよって思う。支える側、ほんとに減ってるから。それをわかって危機感をもっている人からは、助かってますありがたい尊いとまで言われるのでそことの温度差にも悩まされるんですが。。うまくいっているケースをおまもりのように思って精進するのみ。がんばろ。お互いに。2019年2月12日Mahalo,nui!!

立春とレスパイト

バイバイ、インフル。緊張の峠を越えた週末。折しも節分でした。恵方巻は案の定今夜素材や売れ残りが豪華な巻き寿司となって半値で夕方スーパーの鮮魚売り場にありました。(我が家には嬉しいことですが)あんまりにも温かい風が吹いたせいか、上野の桜が咲いたよ!という話題。巷にあふれる悲しいニュースにも心安らぎました。先日インフルで苦しんでいたヒトは、熱も下がり落ち着いたので、養生もかねてショートステイに行きました。体力が落ちてるのにまたベッドから謎の落下をしてしまったのでは大変。。ホッとした。レスパイトは誰にでも必要だよ。って私が呟くと、夫からレスパイトってなに??って返ってきました。息抜きとか小休止だよ。私のいる業界では本当に大事なの。これは家族のために権利として存在するんだよ。と、説明しました。本当はそんな風にわざわざ銘打たなくても、息抜きしていいよって地域や親類が助け合えたらいいんだけど。。もはや行政等、第3者の介入があちこちで必要なほど家族さえも崩壊してしまってる。助けてってのばした小さな手を、大人が離してしまったんだ。。昼間、公園にトイレを借りに行くと、保育園の子供たちが楽しそうに走り回っていた。私の後ろを着いてきたり小さな手を振ってくれたり天使のようだった。この公園は昨日も立ち寄ったのだけど、小さな子供のいる家族が地面にmickeyを描いていて、その跡がまだ、残ってた。道行くヒトが風が強いですね、自転車で大変ですねって声を掛けてくれたり。あぁ、町に溶けこんでくなぁって心地よかった。訪問を通じて色んな家族や人生を垣間見る。世話にならなきゃならない立場でやっぱりどこか遠慮しながらひっそり暮らしてる。まだ介護で繋がっているヒトはシアワセだ。こんな繋がりが子育て世代にもあったらいいのに。。。昨日は介護疲れの真只中にいる姉妹の不穏な空気の間で歌を歌いましょう!と、節分の歌を歌ってきた。そしたら、チェッカーズ知ってる??って言われたので、ギザギザハートの子守唄を歌ったら、空気が和んできて、折しもラジオからドラえもんの歌も流れてきて、はい!どこでもドア~🎵なんて、ひとりでレクリエーションな時間になってしまった。惜しむらくはこの時間は今の制度には何の点数にもならないことだ。歌は健康に良いから歌いましょう!ってデイサービスではやってるのに。。。歌ってるあいだは家族も少しはキモチも紛れるだろうに。。嫌なことも歌が歌えるなら大丈夫。腹が減るなら大丈夫。ほんの少しだけでも距離を置けたらいいのにね。よかったのにね。。。大人のひとりとして申し訳ない。私は絶対に手を、離さない。そんなおとなが増えてほしい。2019年2月4日Mahalo,nui!!

登れ!歩け!動け!

keep on going!と、故・日野原重明先生は最後のメッセージに残された。1/18に86歳の冒険家・三浦雄一郎さんはアコンカグアへの登頂に挑戦。悪天候によりアタック延期となり、ドクターストップで下山したけれど、高山での滞在自体、偉大なる人類のアンチエイジングへの挑戦だった。そして今日。世間を感動させて止まない79歳のスーパーボランティア・尾畠春夫さんが、1100kmの道程を徒歩で南下しているという報道に触れた。先日、気仙沼の震災で知り合った女性も65歳を過ぎて『若い人たちに    私にあるものを伝えたい』と、意気込んでいた。今夜は、満月。満ち溢れんばかりの魂の叫びなのか。尊い愛のエネルギーが、あちこちに湧いている。登ればそこには登ろうとするひとしかいない。歩けばきっと同じところに向かう人と出会うことができる。動けばきっと同じように動いている人と並んで会話できる。ワクワクしたらワクワクした人と繋がっていける。楽しもうとすれば楽しめるものが次々と現れるはず!!今夜は私はある決断をした。迷いを、振り切った。当たり前が当たり前じゃなくて素晴らしいものに見えてきた。満月のチカラなのかな。幸せな光に満ち溢れますように!!2019年1月21日Mahalo,nui!!

選択と決断

ヒトは日々、脳のなかで無意識に選択している。これってとてもすごいことだ。気になったNEWS。稀勢の里の引退。  (一片の悔いなしという言葉)市原悦子さんの最後の朗読。  (病室で諳じて、一発収録のプロ意識)三浦雄一郎さんの挑戦。  (人類のアンチエイジング)安室奈美恵さんと平成。  (音楽や人生との向き合い方)福島チームの駅伝優勝。  (東北勢初の快挙)星野リゾート社長さんの経営哲学。 (所有せず、運営に特化する)何をするかよりも何をしないかが、大事。更には何がしたいかについて本心に問うて選択するということが決断という人生の杭を後悔の無いものにしていくのだと思う。悔いなしという言葉に夫が驚いていた。俺はもっと良い方法があったのでは?と、後悔してばかりだ、と。選択肢が多く、恵まれた今においては選択が決断に至らぬままに何となく生きてしまいがち。無意識というフィルターに好きとか楽しいとかワクワクとかを組み込ませておけたら、きっと選択そのものにも納得の決断が出来るのではないだろうか。今年も20日が過ぎた。早かった?世の中の動きが今年も加速しそうだ。ノイズに惑わされずそれぞれのフィルターを綺麗にして、良いことを無意識に引っかけられますように!2019年1月20日Mahalo,nui!!

新鮮なキモチ

昨日は成人の日。去年の悲しい出来事を想起し、道すがら家族を伴って車にのる晴れ着姿を見かけ、親目線で感無量でした。長く生きるものが若く新しいものたちの希望を邪魔してはいけない。そんな昨日は私も夫もそれぞれに散々な思いをした。私は訪問先で作った料理を当たり前のように残され、『食欲、なかったですか?』と気遣うも『別に』とそっけなく反応され、(この方はもともと家事をせず食への意欲が少ないために作ったものを口に合わないからと残してしまうのであるがその本心はわかっていない)不快である以上に残してしまうのに調理をすることに異議を唱えたくなった。そして散々だったのは上司の反応。『口に合わなかっただけでしょう』『あなただけじゃなくて他の担当の時も残すなら仕方ないんじゃない?』だとしたらサービスの内容を見直せないのか?もしくは求められてる事と違うことをしているのではないのか?『第三者から聞いて頂けませんか?』と求めると、『利用者さんの要望に合わせるのが私たちの仕事だから』と、濁された。こんな上司にはなりたくない、と心底思った。なぜヒトコト『聞いてみるね』で預かれないのか。一方、夫はお休みだったのでロードバイクで遠乗り。何度も道を誤り、120kmも走ってしまったとのことだった。(ちなみに目的地には結局たどり着けなかったらしい)私はキモチが伝わらず夫は目的地に辿り着けず『散々な1日だったね』と、笑う。『上司にボーッといきてんじゃねぇよ!って言ってやんなよ』と、励ます。『俺はちゃんと行き方を調べなかったせいだと自分を反省したよ。あなたの上司も行きあたりバッタリだから部下に嫌がられるんだね』ちゃんとおとしどころを決めるのは責任者の役割だと思う。だからこそ相談したのに。。『その問題は皆が感じてることだから気にしなくていい』みたいなのは、違う。大衆の心理か。いや、それとも違う。職務怠慢だ。同僚には相談したほうがいいよって言われたことなのに。伝える記録するということはしたのでもう気にせず残されても淡々と食事を作るまでだが。。。(思春期か!)心に芽生えた新しいキモチが許しがたくさせる。介護士として。今をちゃんと見極めて的確に寄り添いたい。だけなんだけどな。。。業界3年目。来年には介護福祉士にチャレンジできる。ようやくここまで来た。生まれてからの3年てこんな感じなんだ。新鮮なキモチはなくしたくない。いつのまにか出てたこの葉っぱみたいに。2019年1月15日Mahalo,nui!!

波動について

2年前の夏から参加している朗らか読み。一期一会に刺激を受けつつメンバーとの交流も会を重ねるごとにいとおしくなっています。我が身を映す鏡のような場所。ほどよい距離感。互いの価値観によい刺激を受け、おのずと思い遣りが生まれたりしてる。もっと知りたい!と思ったり、知らなかった!とハッとしたり。ヒトとヒトとのつながりの素晴らしさ。足を運び、会話することで互いを知ることができる。挑戦したかったら、幸せになりたかったら、まずは外に出てヒトと会うことだとしみじみ思う。仕事では一対一の時間が強い心を育てている。多対一になると得られるものも増える。最近の朗らか読みにはその喜びが多い。なんでだろう。一対一も多対一もきっと互いがよい波動で共鳴しあえるかどうかが重要なのだ。朗らか読みには好きや楽しいが溢れている。互いの好きなものにフォーカスを当てると、実に充実した時間となる。同じ日に、何だかやたらと疲れるような時間を過ごした。面接だった。介護業界に入る前、初めてうけた面接は、とにかく話を聞きなさいというものだった。その頃の話は、未経験の塊だった私にはマシンガントークに圧倒されつつも役立つものだった。エージェントに紹介されて再会したその方は、相変わらずのマシンガントーク。1時間半位会話も交えて話を聞いた。何か質問は?と言われて、すみません、水分取らせてください!と、持参した水分を補給したほど何だか消耗していた。アツイヒトだ。このテのヒトは嫌いではない。が。。。このテのヒトに巻き込まれた経験は数知れない。キャリアが特殊で上昇志向が強い方なので、話は面白かった。しかし、この業界でそこまでの上昇志向についていくヒトがどれだけいるのか。。。心配した夫がネットで評判を調べた。結局は母体次第だと思った。どこもそうだが売り上げへのこだわりかたが社風という波動を生む。ふと我にかえる。頑張らなくてもいいんじゃない??そう。もともと焦ってはいない。学ぶということが目的なら他には方法がある。今回は面接というよりは互いの素性や考え方を擦り合わせたような時間だった。現場のトップは私より少し年下の小柄で可愛らしい女性。この構図は以前にも体験した。現場のトップと幹部の温度差に交渉の段階で翻弄されて終わった。よくも悪くも注目の分野であり淘汰も激しい分野なのでこの分野を静観したい自分もいる。すべての波動は好きか楽しいかで決まる。業界としては異色で、心ある幹部であることは確かなので良い機会としてとことん見極めようと思います。そしてそして。朗らか読みは今年もどんどん好きで楽しいものになっていきそうです。2019年1月11日Mahalo,nui!!

改革の年

時流とあいまって私のなかにも改革の波。履歴書もスラスラと書ける。毎年のように人生を棚卸ししてる。業界を変えてから、変わる前の職歴は必要ないのではないか?と思っていたのだが、このタイミングになって繋がってる!って思うようになった。私のいる業界は転職することが多様性を生み、キャリアが歓迎される。自身のゴールを見直してみた。業界を変える前は、新規事業への挑戦を得意とし、営利に貢献してきた。これからは、地域への貢献を目的として、未来に挑戦していこう。私の描く未来は地域の繋りによる防災と防犯や、レクやフェスを活用した健康長寿の実現だ。今の仕事はそのためのマーケティング。日本の産業となるためには保険に頼らないための新しい事業ができたらいい。地域から外貨を稼げるような元気な地域を作ろう!10年先に向けて今年からは様々な改革や事象がある。2019年  皇位継承              ラグビーW杯              G20首脳会議            2020年  東京五輪、パラリンピック2022年  冬季北京五輪、パラリンピック2025年  大阪万博2027年  リニア中央新幹線一部開業2030年  全都道府県で人口減少開始災害のリスクとしては南海トラフ地震首都圏直下型地震などがある。目を外に向けて環境や歴史を大切にいくつになっても自己の可能性を諦めないこと。10年後の私へ。過去は笑い話になってる?今も笑ってる?繋がってるね。2019年1月8日Mahalo,nui!!              

始動。

平成のカウントダウンが始まりました。三賀日を旅先への家族旅行で過ごし、非日常を満喫出来たので、もうもう、早く仕事に行きたい!という心境です。可愛そうねと、義母は言いました。いえいえ、充分です!!これ以上のんびりしたら機能しなくなっちゃう。メンテ、完了。天気のよいお正月のお陰で早起きも楽しめました。元旦はいわきで1泊。2日目は北茨城で1泊。朝は散歩。夜は団欒。高校生と中学生の日常も垣間見ました。スマホを片時も手離せない。部屋にいる時間はお風呂や食事以外、スマホと過ごしている。。スマホを離れなきゃ!とゲームをしたり観光を楽しんだり。ようやく子供らしい笑顔やそれぞれの個性に触れることができました。お年玉は、お金ではなく図書カード。そして色紙。今年の出来事と生まれたときの出来事、大人たちが彼らの今の年に起きた出来事を書き出してデコレーション。図書カードには手紙を添えました。とにかくこれからはモノじゃなくて思い出を。考えさせる機会を。これからはスマホから離れて個性を伸ばせる機会をどんどん作らないと。去年我が家は小山を夫が登り、今年は新たな山を夫婦それぞれに目指していきます。始動。自分の1年を。家族の1年を。二泊三日で実家を空けたのは今年初めて。かわいいかわいい愛猫をひとりぼっちにしてしまいました。義母の悲願と家族の再スタートの為に。急ぎ3日目はお昼に戻りました。怯えた声で全身の毛を逆立てて鳴きながら恐る恐る近寄ってきたまめにゃん。。。ゴメンね。まめにゃんにもまめに会いに行くね。ようやく始動。日常。今年を丁寧に。皆で成長して新しい時代を生きていけますように!!2019年。よーい、はじめ!!!2019年1月4日Mahalo,nui!!

ほどよい距離で

男と女はね、ハリネズミみたいなものよ。1996年の秋。とある先輩がオーストラリアに向かう飛行機のなかでワインに酔いながら語っていた。新卒で入った会社はバブルの余韻が残っておりメカトロ税制やWindows95の煽りをうけて海外への社員旅行が毎年の恒例でした。名刺にあったのはニックネーム。いい?女にとっては口紅が男のネクタイみたいなものよ。ひとりで山田うどんなんて野蛮なところ入っちゃダメよ!などなど。。語録の多い、なんとも奇想天外な先輩は営業として猛烈な成績を残し、あっけなく同僚の男性と結婚して退職した。話は戻ってハリネズミ。そう。互いを傷つける距離ってあるんだなぁとこの年齢になってしみじみと身内に対しても思うようになった。介入したいけどできない。介入したがために修復できなくなる。ハリを出すための空間を奪ってはならない。また、関与しなすぎるとどんどん離れてしまう。適度な距離。それってむずかしいけど間合いを感じることが思いやりなんだと思う。あの先輩は奇想天外だったけどその感覚を天性で持っていたんだなぁ。。プレゼントって、もらったもの自体よりも選んでくれた時間をありがたいって思うのよ。思えば心を大切にしていたのかな。だから営業として猛烈な成績を残せたんだろうなぁ。ふと、平成最後の大晦日を結婚してはじめて夫と過ごしながら考えておりました。眠くなるほどツマラナイって寝入ってしまったので、ひとりで楽しむ紅白後半戦。思えば結婚してから毎年の紅白はそれぞれに別の部屋に移って別の番組を見てたっけ。カウントダウンを夫だけ別の部屋で迎えていたりして。あらためてふたりの夜もマイペースに過ごしてた。明日の初日の出を見るのだと張り切って寝入ってしまった。かくしてひとりの紅白の歌合戦。平成最後の効果はすごかった。大晦日をひとりで過ごすというのもアリかもしれないって初めて思った。一年のダイジェスト、総集編、集大成。豪華すぎる夜。テレビを通じてみんなと繋がってる感じ。大晦日ならではの、穏やかな距離感。大祓式でスッキリしたせいか色んなものが面白く見えた。またまた話は戻ってハリネズミ。適度なゆとりをもちながらハリが互いにあると意識しながら生きていくのって緊張感があっていい。ハリを出してる人には近づかないのがいい。ハリを出してる時には離れているのがいい。空間を空白を夜を贅沢に思う夜。年が、あけました。喪中ですが。。。どうぞことしもほどよい距離でよろしくお願いいたします。2019年1月1日 Mahalo,nui!!